iPad――タブレットの起源 TOP

このサイトについて

Apple社が2010年に発売したタブレット端末。
それがiPadです。
発売初日はSoftBank表参道店には約250人、銀座のアップルストアでは1200人以上が行列を作ったという伝説があります。
それだけの人が発売を待ちわびていたiPad。
今ではiPad第四世代まで発売されていて、iPadminiという通常のiPadよりコンパクトサイズの物も発売されています。

ここまでは一般の方なら知っている方も多いと思いますが、結局のところiPadって何?って方も多いのではないでしょうか。
今更知らないなんて言えない…聞きたくても聞けない…
そのような方のために簡単にですが、iPadについて書いていきたいと思います。

まずiPadってパソコンじゃないの?ってよく聞かれます。
正確にはタブレット端末なのでパソコンではありません。
一的にはスマートフォンのiPhoneとノートパソコンのMacBookの間と言われています。
スマートフォンよりもパソコン並みに仕事ができて、ノートパソコンよりも持ち運びに優れているという感じでしょうか。
必要な機能はアプリを自分でインストールして使うので、無駄な機能はいらないという人にも便利だと思います。

持ち運びができるというけれど、重いんじゃないの?と思う方もいるでしょう。
実は600グラム程度ととても軽いのです。
miniなら300グラム程度。ビジネスバッグに入れても気にならない重さなので、負担になることはありません。

iPadの詳細については、アップルのHPやSoftBankやauのHPなどで見ることができます。
個人ブログなのでiPadの詳細を解説している所もあるので、探してみるといいでしょう。

    iPad

    おすすめ情報

    電話回線の追加が不要で、用途に合わせて転送を使う番号と使わない番号を分けられる多機能転送サービスがオススメです。
    現在の電話番号はそのままで、電話加入権も不要なソフトバンク おとくラインがコスト削減にオススメです。
    Copyright(C) iPad――タブレットの起源 All Rights Reserved.